土地の有効活用に最適な立体駐車場について

立体駐車場には機械式や自走式などの種類があります。機械式は自動車を格納する時や駐車スペースから取り出す時に人が操作を行い、機械により自動車を移動させる方式、自走式は運転手が駐車スペースまで車を移動させて駐車する、もしくは運転手が駐車スペースまで車を取りに行き、運転をして駐車場から出す方式、機械を使うのか人が運転するのかの違いを持っています。土地の有効活用の方法の一つに駐車場経営がありますが、駐車場経営を行う時に立体駐車場を利用すると、2段式などの場合であれば有効スペースが2倍に広がるメリットがあります。また、機械式の駐車場は2段だけではなく、多段式やタワー式などの種類があるのが特徴で、土地の広さなどに応じて選ぶ事が可能です。

タワー式の立体駐車場の場合は、狭い土地でも多くの自動車を収容出来るメリットがあります。タワー式の場合は駐車装置に自動車を入庫、エレベーターのような昇降機を使って各棚に移動保管する方式になります。これに対して多段式は1台分の駐車スペースを多層化しているもので、マンションなどの駐車スペースで見かける事が多い2段式や3段式の駐車スペースが多段式になります。車を載せるパレットを上昇させたり、横行させたりして車を駐車するタイプもあります。

立体駐車場の中でも自走式は百貨店やショッピングセンターなどに設けられている駐車スペースで、お客さんが空いているスペースを探して駐車するタイプになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.