立体駐車場の特徴と利点

立体駐車場は限られたスペースに多くの自動車が駐車できるように作られた立体化した駐車場の事です。平面駐車場と立体駐車場を比べた時は同じ大きさの土地に多くの自動車を駐車できる立体駐車場は平面駐車場よりも賃料が安い事が多いです。立体駐車場にも種類があって自走式と機械式があります。自走式とは自ら自動車を走らせてフロアを移動する駐車場の事を言います。

2階建てのものから10階建てなどの高層駐車場もあって自走式の中には地下に駐車スペースがある駐車場もあります。機械式の駐車場は自分で自走車を走らせて駐車スペースまで移動して駐車しなくても機械で自動車を収納してくれる駐車場です。自走式の場合は最上階は屋根がない場合もありますが、他のフロアでは屋根が確実にあるので雨や直射日光から自動車を守る事ができます。地下に駐車スペースがある場合は防犯カメラなどを導入しやすいので防犯対策がしやすいのもメリットです。

機械式と比べると駐車するスペースが広めで駐車はしやすいですが、車高の低い自動車はスロープで車体を傷つける可能性があるので注意が必要です。機械式の場合は駐車スペースは自走式よりも狭いですが、機械が収納してくれるので駐車が苦手な人でも楽に駐車場に自動車を停められるメリットがあります。機械式は定期的にメンテナンス費用が必要になりますが、狭いスペースに多くの自動車を停められるので賃料が他の種類と比べて安い傾向があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.