立体駐車場は大きく分けて2種類

立体駐車場は収容台数を増やす目的で作り出された駐車場です。平地に車を止めるとなった時、敷地面積に対して数台の車しか止める事が出来ません。しかし、2階建て、3階建てなどのように駐車スペースを上方向、もしくは地階に設ける事で収容台数は増やす事が出来ます。ショッピングモールなどにある駐車場は自走式駐車場と呼ぶもので、駐車スペースに運転手が自ら車を走らせて駐車する仕組みになります。

これに対して機械式駐車場は機械を利用して各階の駐車スペースに車を移動させて止める事が出来る仕組みを持ちます。立体駐車場は大きく分けると機械式と自走式の2種類がありますが、機械式にはタワー式と多段式の2種類があるのが特徴です。タワー式は一定の敷地があれば安定した収容台数を確保出来る、収容効率は立体駐車場の中では最も高いと言われています。多段式の場合は収容効率がタワー式よりも劣りますが、複雑な地形にフレキシブルに対応可能である、小規模からの対応が可能になるなどの特徴を持っています。

分譲マンションの駐車場に利用が行われる事が多くのが2段式や3段式などの多段式立体駐車場です。車の持ち主は機械を操作して自分の車を地上階に移動させて駐車するなどの特徴を持っています。防犯性やセキュリティ性を考えた時に最も優れているのがタワー式です。タワー内に自動車を収容する、内部には人が立ち入る事が出来ないなどからも車上荒らしなどの被害を防止する効果も期待出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.