立体駐車場には2種類あります

駐車場と聞くと月極のものやコインパーキング、お店などの駐車場を想像することが多いですがその中でもさらに種類があります。構造により分類すると平面駐車場と立体駐車場があり、立体のものはさらに2種類に分けることができます。それは、自走式と機械式です。立体駐車場は大規模なショッピングセンターなどでこの形式が多く、ビルなど地下や屋上に駐車場を作る際にもこのように呼ばれることがあります。

このうちの自走式のものは、複数階が斜路でつながったものを表します。目的の階層まで自分で運転して、駐車することが必要です。そのため空いている場所がなければ次の階層に行かなければいけないなど、面倒なこともあり車と車の間から人が出てくることもあるので注意して運転しなければいけません。しかし自分で最後まで乗って駐車するので、技術に自信がある人には安心ができます。

またこの種類は駐車台数を確保するためには、ある程度の大きさの敷地を必要とします。そのため大規模駐車場に向いている方式です。一方で機械式の立体駐車場は、駐車装置などに車を入庫する必要があります。駐車装置に入れることで、無人になって運ばれていきます。

そのため運ばれていった車がどのようになっているのかわからないため、見えないことが心配な人は避けた方が無難です。しかし駐車場を建設する際には、ある程度の敷地があれば作れるというメリットもあります。そのほかにも防犯性に優れているという、メリットがあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.