国土交通大臣認定駐車場について

自走式の駐車場には、国土交通大臣認定駐車場というものがあります。これは、防災や構造等につき、厳しい基準をクリアして、国土交通大臣の認定を受けた駐車場のことです。これを受けると、耐火被覆を施す必要がなくなり、消火設備も簡易で良くなり、コストダウンにつながります。これには様々なメリットがあります。

まず、敷地を有効に活用することが可能です。普通ならば、火災時の延焼を防止するために、隣地との境界線、同一敷地内の建物からの距離を、2階以上は5m以上、1階は3m以上の距離を確保しなければなりません。しかし、認定を受けていれば、これが1m以上でよくなります。これは、耐火構造を有していると判断されているためです。

また、耐火被覆がいらなくなりますが、これは見た目が良くなることと、工期を短縮することができるというメリットがあります。また、当然ですが、それをするためにかかる費用も削減することができますので、コスト削減の効果もあります。同様に、消火設備も天井に固定式泡消火設備を設置する必要が無くなったり、防災区画が簡易化されるなども、コスト削減ができる点で優れているポイントです。このように、国土交通大臣認定駐車場ならば、コスト削減と工期の短縮、その他外観が良くなるなどのメリットがあります。

そのため、自走式の駐車場を導入することを考えているのであれば、国土交通大臣の認定を受けた物を導入するのがおすすめです。立体駐車場のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.