認定駐車場を導入する

認定駐車場とは国土交通大臣が認定する立体駐車場のことです。立体駐車場を作るためには法律に沿って作る必要があります。これらの法律においては利用者が安全に利用できるために、特に火災に対してさまざまな配慮や設備を付けることが義務付けられています。しかし、これらの配慮や設備を作るにあたり法律を守った状態で作ると非常にコストが大きく、またそれによって利用できる広さの制約を受けることになります。

このような制約を緩和するために防火性能や耐火性能の検証を行って、建築基準法に基いて機関に検査を行ってもらい国土交通大臣から認定を受けることにより法律の制約が緩和され効率の良いものを作ることができます。例えば敷地に関しては従来は1階部分は3メートル、2階以上は5メートル離さなければいけません。これは火災時の延焼を防ぐためのものですが、認定を受けることで1メートル以上にすることができます。また耐火被覆も不要になり、防火区画が軽減され消火設備の特例を受けることができるので、外観もすっきりとしたものにすることができます。

認定駐車場の仕組みとしてはメーカーがあらかじめ用意したものを組み立てる方法があります。この場合には建設コストや時間を従来の方法と比べて大幅に短縮することができるメリットがあります。この場合には専用になりますが、建物の内部に作る駐車場でも個別に検査を受けることで法律による制約を緩和することができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.