立体駐車場を比較するポイントとは

立体駐車場とは限られた敷地を有効に活用するため多層化・機械化された駐車場のことで、大きく自走式と機械式に分けることができます。自走式立体駐車場はドライバーが自ら目的階まで車両を移動させますが、機械式は装置に収納するので移動させる必要はありません。ショッピングモールなどある程度広い敷地があり、上層階を利用して多くの車両を収容したい場合に自走式が採用されています。機械式にはタワー式と二段・多段式の2種類がありますが、いずれも装置に車両を収容して内部を循環・移動させます。

都市部におけるマンションやホテルの駐車場など、狭い敷地を有効活用したい場合に機械式が採用されています。自走式の立体駐車場は入出庫が容易なだけでなく、機械を操作する間の待ち時間が少ないというメリットがあります。屋上部分以外は直射日光や雨風から車両を守ることができ、平面の駐車場と比べて収容率が優れています。機械式の立体駐車場は狭い敷地や複雑な形状の敷地にも柔軟に対応できるだけでなく、車両を装置内部に収容するのでセキュリティ性も優れています。

自走式は定期的なメンテナンスが必要ですが、機械式ほど頻繁に行う必要がないので維持費が安いというメリットがあります。機械式は自走式と比べて頻繁に装置のメンテナンスを行う必要があり維持費がかかるものの、狭い土地でも多くの車両を収容できるため投資効率が優れています。自走式と機械式の立体駐車場にはそれぞれ異なるメリットがあるので、状況に応じて最適な方を選ぶことが大切です。立体駐車場のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.