立体駐車場の導入について

立体駐車場は、平面での駐車場ではスペース的に限界があると考えられた場合に導入を検討することになります。平面ではなく、2階建て、3階建ての立体駐車場とすれば、土地の面積は同じであってもそれだけ駐車台数を増やせることにつながるからです。ただし、単純に階数の分だけ駐車台数が増えるわけではありませんので注意が必要です。これは車ではなく人が利用する場合であっても同様で、2階建て以上の建物やビルとなれば、平屋造りであれば必要のない階段スペースやエレベータースペースが必要になり、人が利用できる部分は単純に平屋の2倍とか3倍にはならないのと同じです。

特に、自走式の立体駐車場の場合、内部をドライバー自身が走って所定の場所に駐車することになりますから、それだけ通路に当たる部分を確保しなければなりません。ただし、構造そのものとしては比較的単純で済みます。これに対して、機械式の立体駐車場の場合は、車を所定の位置まで運ぶのはドライバー自身ではなく機械式の装置が行います。そのため通路に当たる部分が少なくて済みますが、逆にそのための機械装置を導入しなければなりません。

自走式であっても事故は発生することがもちろんありますが、機械式の場合は一旦事故が発生するとより規模が大きくなったり、死亡や重傷を負うようなことも考えられますし、当然ながら機械を操作する人員も必要になってきますから、どちらが良いかは十分に検討する必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.