立体駐車場の機械式はどうやって上げ下げするのか

立体駐車場には大きく分けて二つの種類があります。一つは、運転手が自ら運転して目的の駐車場所で停める自走式立体駐車場です。郊外にある大きいショッピングモールやスーパーマーケットでよく見かける方式は、ほとんどが自走式立体駐車場と言えるでしょう。そしてもう一つは、装置を使用して車を入出庫させ収容するタイプの立体駐車場で、機械式駐車場と呼びます。

自走式に比べて機械式は、どういった構造になっているのか不安で避けているという方も多いようです。例えば一つの駐車箇所に一段、二段、三段と停車させる機械式をどうやって入出庫させるのかわからず、わざわざ一段目を降ろしてから二段目、三段目を降ろすことが出来るのかと考える人もいるようです。ですが実はパズル式駐車場であれば、車を乗せたパレットが上下または左右に、パズルのように動かすことで目的の車を機械的に出し入れすることが可能なのです。別名を昇降横行式とも呼ばれています。

次にピット式駐車場という方式があります。ピット式は地上だけではなく地下も駐車場になっており、上下に2台から4台の車を停められる駐車場のことです。下段は地下のピットに収納されているので、地上からは上段に停めた自動車しか出せませんが、地上に接する段の車は下段や上段の車に関係なく車の出し入れが可能です。では地下に収納されている車はというと、操作盤の駐車スペース番号を押下することでパレットが上下に昇降して、自分のパレットが駐車位置にくるようになっています。

このように機械式駐車場にも種類があるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.