立体駐車場の種類と特徴について

立体駐車場とは建築物や機械などで多層化もしくは立体化した駐車場のことです。自走式と機械式の2種類があり、前者は目的の階まで車を運転して行く必要があります。後者は駐車装置を操作して入出庫を行うため、目的の階まで実際に行く必要がありません。自走式は数十台から百台単位の大規模な駐車場に採用されるケースが多く見られます。

機械式では車両を載せるパレットと呼ばれる台ごと、モーターや油圧機構などで搬送します。このタイプは2台から3台程度のごく小規模な立体駐車場や、20台から30台程度の小規模な立体駐車場に採用されるのが一般的です。機械式にはさらに二段・多段式とタワー式の2種類が存在します。前者は駐車させる搬器を2段か3段以上に配置し、搬送スペースを多層化している点に特徴があります。

後者は車両をパレットに載せ外部から見えないタワー内で循環・移動させる仕組みになっており、ショッピングセンターなど大規模施設で採用されるのが一般的です。駐車場には使用可能な車両の種類を示すためサイズ制限があり小型乗用車は原則として幅が2.3m、奥行きが5.0m以上です。普通車用の駐車場の場合には幅が2.5m、奥行きは6.0m以上が原則とされています。自走式の立体駐車場は建築基準法などが適用され、建築可能な規模は用途地域ごとに異なります。

国から認定を受けた駐車場の場合、積載荷重は車両総重量2トンまたは2.5トンまでとなっています。機械式には車高や車長だけでなく車幅や車重についても厳格な制限があります。具体的な制限は駐車場によって異なるので、事前に管理規約などを確認することが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.