立体駐車場には種類があります

立体駐車場にはいくつか種類があり、機械式の場合駐車装置に車を乗せて運搬したり、入出庫するタイプです。機械式は大きくタワー式と二段式・多階式に区分され、都市部を中心にマンションやホテルなどの駐車場として採用されています。機械式の主なメリットとして、収納方式によって収容台数が多くなります。複雑な敷地においてフレキシブルに対応することができ、小規模敷地からも対応することが可能です。

他の駐車車両を気にせずに集中して駐車することができ、セキュリティ性が高いでしょう。狭い土地を最大限活用することができるのが、大きなメリットになります。自動車が専用装置に収容されるので防犯性に優れており、都市部のホテルや商業ビル、時間貸駐車場などの場所に多く見られます。自走式立体駐車場の場合、ドライバーが自分で運転して駐車するタイプです。

2階建て以上で構成されており、スロープを使って移動します。利便性が高く、自走式立体駐車場のメリットについて、自動車の出し入れが容易です。入出庫の操作による時間が少なく、雨風から自動車を守ることが可能です。平面駐車場と比較すると収容率に優れていおり、災害時の避難場所として利用することができます。

自走式駐車場は上階床が下階屋根になるので、日光の照り返しにも利用しやすいでしょう。外壁は一定以上の開口率が法律で定められているので、津波などの被害を受けにくい造りです。災害時の避難所として活用することができたり、敷地を有効活用できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.