立体駐車場の種類と仕組み

駐車場は平地に設置している「平面駐車場」と、立体的に2段になっていたり2階や3階にも設置されている「立体駐車場」があります。平面の場合は運転者が自分で運転をして所定の位置に停めますが、立体駐車場の場合は運転者が自分で運転する「自走式」と機械が所定の位置まで動かしてくれる「機械式」の2通りがあります。自走式の立体駐車場は、大型商業施設やレストランなどでよく見かけられるもので、2階や3階まで走行するスロープがついているので自分で運転して駐車をし出ていくことができます。自走式にも3種類あり、2階や3階の駐車場からそのまま平坦な道で施設に入れるものを「フラット式」といいい、上下の階に行くスロープが一つ一つ短く施設と半階分くらいずれているものは「スキップ式」、緩やかならせん状で昇降スロープも兼ねているので狭めの敷地でも活用できる「連続傾床式」があります。

機械式はマンションや個人宅などで良く活用される駐車場で、車を上下段に停められるようになっていて、上段の車が入出庫するときは下段が後ろに動いて、その間に上段が下がって車を入れたり出したりするという仕組みになっています。しかしこのような場合下段の車を後ろに出さなければいけないので、マンションのように多くの人が車を入出庫するところではあまり適していません。マンションなどでは下段を地下に入れるタイプの立体駐車場や、初めから空き場所を決めて置き、そこを使ってパズルのように動かすタイプの立体駐車場が用いられます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.