立体駐車場で土地を有効活用

郊外型の施設にとってはお客様が自動車で来店するのは当たり前の事でしたが、最近ではより市街地に近いところでもこうしたニーズは高まっています。とは言っても、施設側としては駐車場のために用意する土地をどう確保するかは大きな問題です。市街地になればある程度料金を取っても大丈夫かもしれませんが、土地効率は出来るだけ高めてコストを抑えていかなければなりません。こうしたニーズに対応出来るのが、立体駐車場になります。

平面駐車場は文字通り平地に作るもので、極端な場合には地面に目印のロープをはっただけでも出来ます。時間制限や料金を取らないのであれば、とてもシンプルな構造で済みます。地価がそれほど高くないのであればこれでも良いのでしょうが、それなりに費用がかかっている場合にはもっと有効に使いたいところですから、そこで選択されるのが立体駐車場になります。立体駐車場には運転者が自分で駐車スペースまで運転して行って乗り降りする自立式と、パレットと呼ばれる駐車台に車を停めてから装置で移動される機械式があります。

自立式はランニングコストを抑えたい場合や比較的大きな土地を用意出来る場合に向いており、機械式は狭い土地でも効率よく駐車スペースを確保したい場合に選択されます。一般的には多数の来場者が予想される施設では自立式を、利用者の人数が限られる場合や都市部などまとまった土地が用意しにくい場所では機械式を選ぶ傾向にあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.